学校の授業でシェルピンスキーのギャスケットをC++で描画するプログラムを作...

🤗 あとは、入力された「x1とy1」の変換の仕方が3パターンあるだけです。 同じことをそれぞれの残りの8つの部分正方形に「無限に」的に適用する。

9
長くなりましたが、これが書きたかったのです笑。

木陰とフラクタル

😊 ではでは、またです。 メインの処理は「draw 」です。

18
8928 である。 作り方は以下のようになっています。

シェルピンスキー・ギャスケット

😩 これを再帰回数0回とします。 フラクタル図形とはなんなのか、さっそく具体例を見ていきましょう。 向きがわかりやすいように三角形のスプライトを準備します。

9
割と有名なやつです。 数字キーで再帰回数が設定できるようにしたいと思います。

宇宙エネルギーを取り込む、シェルピンスキー・ギャスケットの不思議

☕ その三角錐から 三角錐が333個も登場したり、異次元に繋がっていたり、患部サイズから宇宙サイズまで、いろいろな相似形で包まれたりしましたよね。 でも逆に、小分けにするから辺が増えて 辺の長さは無限に大きくなっていきます。

実は木の枝の構造というのはフラクタル(自己相似)的な構造になっています。

シェルピンスキーのカーペット

🤲 これが、木陰が涼しいざっくりとした理由です。 これについては、パラメータで「n」を大きくしても、あまり変化がないので面白くありません。

2
7キーを押すと再帰回数7回のシェルピンスキーのギャスケットが描けました! 完成したプログラムはこちらです。

シェルピンスキーのカーペット

✔ 同じことをそれぞれの残りの8つの部分正方形に「無限に」再帰的に適用する。 ワンライナー化 では、これをワンライナーになるようまとめて、反復関数を短縮化して、ネスト回数を6回に増やしてショートコード化しましょう。 数学の理論的な美しさと、デザイン的な美しさを兼ねそろえた「フラクタル日除け」。

実はフラクタル図形というのは意外と身近なところにもあります。

自然の知恵を取り入れた“フラクタル日除け”!酷暑の救世主になり得るか?

🤝 同様のものとして「カントールの塵」もある。

6
社長は最初から最後まで、「三角錐」を使っていましたね。 作図が大変だから、手書きで書きました!(楽しかった) 下記の手順で、考えてみますね!• ) Mathematicaは素直に書けば短くしてもあまり可読性が下がらない(と思う)ので素晴らしいです。

シェルピンスキー・ギャスケット

👌。

15
面白いことが分かったので、書きますね!まずは新チャクラ調整については、こちら記事をご覧ください。 まずは、もとの正四角錐! こちらの 正四面体の「体積」と「辺の長さ」について、考えますね! さきほども書いたように、 各辺の中点を互いに結んでできた中央の正三角形を切り取るんですね。

シェルピンスキーのギャスケット(Mathematicaショートフラクタルシリーズ)

🤛 おおーー。

18
実はこの屋根、下から覗くと、 シェルピンスキー・ギャスケットの構造から、隙間の部分を補完しあい、絶妙に光をさえぎってくれます。 これは先ほど説明したフラクタルの代表例である「シェルピンスキー・ギャスケット」の性質を存分に生かした日除けとなっています。