名古屋市営地下鉄 サウンドコレクション

😙 駅ホームに設置されているのデザインは、設置時期により異なっている。 休日は豊田市行きが2本の後に赤池行きが来る(豊田市行きの2本に1本は赤池駅で時間調整)。

12
4kmが 名古屋復興都市計画高速度鉄道路線網として都市計画決定された。

名古屋城駅が誕生へ 市営地下鉄が改名、2023年にも:朝日新聞デジタル

🤔 8kmという短さは極端だ。 ドラゴンズ・トレイン [ ] ナゴヤドームを本拠地とするプロ野球球団やおよびとの協力により、同線を「ドラゴンズ・トレイン」という企画電車が走っていた。 尚、当日券のみ、黄色い(manaca対応)券売機でも発売。

16
- 名古屋市交通局• 利用についてもをもって終了した。

名古屋市営地下鉄 サウンドコレクション

👐 ホームでの設置例。 隣の駅は平仮名表記)も使われていた。

6
乗車カード [ ] として、従来の回数券や連続割引サービスを含めた乗車券として、対応で、同局の地下鉄・バス路線やなどの提携他社において使用できる式乗車券を「 」という名称で発売していた。 平日:朝4分毎、昼間7. 「鉄道記録帳2003年12月」『RAIL FAN』第51巻第3号、鉄道友の会、2004年3月1日、 25頁。

名古屋市営地下鉄

💕 市役所裏 - 大曽根間はと同一ルートを沿って大曽根で瀬戸線と接続し、北上して水分橋付近でと接続する路線。 色 記号 路線番号 路線名 区間 キロ程 駅数 色名 軌間 電化方式 1号線 H-01 - H-22 20. また、直通する名港線を含めて、全線がの内側に収まっている。 ただし、上小田井駅は名鉄の管理駅のため、他の駅とは表示方式が異なる。

10
2017年現在では名城線・名港線も黒字である。

名古屋市営地下鉄東山線の時刻表

💕 沿線にイベントがある時は、臨時列車が運行されることがある。 (平成16年) 4号線名古屋大学 - 新瑞橋間 5. 車両 [ ] 名港線とは完全に共通運用であり、名城線専用や名港線専用の車両はない。 - ウィルコム、2006年5月9日付• 作者お気に入りのマニアックなサウンドたちも、まとめてこのページで聴けます。

5
東山線• 後述の通り八事 - 赤池間の免許を名鉄から譲り受ける形で開業したためである。

名古屋市営地下鉄東山線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

🚒 他に名称が類似する駅がある駅の場合、以下のように乗車券上の駅名表記が、かな書き表記や文字の大きさの変更など、一見して発行駅が判別できるよう工夫されている。 区数 数 料金(円) 1区 1 - 3km 210 2区 4 - 7km 240 3区 8 - 11km 270 4区 12 - 15km 310 5区 15 - km 340 や証明書を所持する・・ ・養護児童・・およびの生徒は割引料金。 歴史 [ ] 八事 - 赤池間は、が昭和期に収得し、名古屋鉄道が継承していた八事 - 挙母(後の豊田市)間の免許を、名鉄から譲り受ける形で開業した。

PDF プレスリリース , 名古屋市交通局, 2020年3月2日 , 2020年4月13日閲覧。

地下鉄鶴舞線N3000形(名古屋市交通局)

👀。 5分間隔だった金山 - 栄 - 大曽根間が3分間隔に、5分間隔だったそれ以外の区間は6分間隔になった。 金山駅北口の名古屋市交通局関連企業で、駅構内でDO! 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

GTO-VVVFインバータ制御車以外は当初4両編成を組成していたが、現在は1993年8月12日の全線開業および名鉄犬山線との相互直通運転開始に伴う輸送力増強時に1993年4月から7月にかけて製造された中間車と編成を組み合わせ、6両編成10本に組成変更した。

地下鉄鶴舞線N3000形(名古屋市交通局)

😚 後者は平日の昼間では上飯田線に次いで名古屋市営地下鉄で2番目に運行本数が少ない区間となっている。 に関連するメディアがあります。 その他 [ ]• (昭和46年)• 路線データ [ ]• 車両 [ ] 車両の規格は20m 4ドアである。

7
(平成12年) - 4号線大曽根 - 砂田橋間が開業。 (平成19年) 全駅の接近メロディをJR東日本の発車メロディと同じメロディからオリジナルのものに変更。

名古屋市営地下鉄

🤲 市営地下鉄の路線の他に、相互直通している名鉄犬山線・豊田線・小牧線、そのほか名鉄瀬戸線、名鉄特急、東京メトロ、新幹線、福井鉄道なども収録しています。

13
10』「名古屋市営地下鉄・豊橋鉄道・愛知環状鉄道・東海交通事業・名古屋臨海高速鉄道」15頁• - 名古屋市交通局• ナゴヤドーム前矢田駅は、駅名標等では「ナゴヤドーム前 矢田(駅)」と間を空けて表記されている。