枕草子第百六段「二月つごもりごろに」現代語訳と文法解説

☣ ネット検索して【口語訳】を拾いました。 行ひして、めでたき身にならむ」と借るとて、集まりて笑へど、なほいとこそめでたけれ。

2
作者からの敬意。 げに 、遅う さへあら むは、いと取りどころ なけれ ば、 さはれとて、 実に(げに)=副詞、なるほど、実に、まことに。

二月のつごもりごろにって、どういう話でしょうか?授業で習ってるんです...

📲 暁には疾 (と)く下りなむと急がるるr。 と、震えながら書いて(主殿司に)渡して、(相手は)どのように思っているだろうかと(心配で)つらい。

1
どうにかして。

枕草子

✊ (限定)~だけ。

20
ともに重要語。 ある人なんかは「こりゃ、凄い才能だ!やっぱり帝に申し上げて内侍にしないとなぁ!」言ってたらしいのよね~、というのが、最後の部分の大意。

枕草子『二月つごもりごろに』解説・品詞分解

😩 げに、おそうさへあらむは、いととりどころなければ、さはれとて 現代語訳 主殿司は「はやくはやく」と言う。 【現代語訳】 二月の月末に、風がめっちゃ吹いて、空が真っ暗で、雪が少し散っているころ、 黒戸に主殿司が来て、「ごめんください」って言うから近寄ってみると、 「これは公任の宰相殿のお手紙です」といって差し出したのを見ると、懐紙に、 すこし春ある心地こそすれ(少し春らしい感じがするね) と書いてあって、ホント今日の空模様にピッタリで、この上の句はどうやってつけようかと思い悩んでしまったわ。 塾の生徒の質問ぐらいなら、瞬殺だぜ!という感じなんですが、さすがに偉いさんばかりだと、ちょっとひるみますよね 笑。

7
和歌の下の句(五・七・五・七・七のうちの七・七の部分)を詠んで、それにふさわしい上の句(五・七・五の部分)を考えてください、という知的なゲームをしかけられた、そして清少納言が見事に上の句を答えたのでみんなが賞賛した、ということです。

枕草子「二月つごもりころに」 現代語訳

✆ いらっしゃる、おられる、あおりになる。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどちらかである。 「この話の件があった当時中将で、今は左兵衛督である人物」と書かれているが、のことか、と言われる。

15
『枕草子』が書かれた時代には長連歌はないので、短連歌のお話です。

枕草子「二月つごもりごろに」

😘 上 (うへ)渡らせたまひて、語り聞こえさせたまひて、男 (をのこ)ども皆、扇に書きつけてなむ持たる、など仰せらるるにこそ、あさましく、何の言はせけるにかと覚えしか。

7
大夫殿のゐさせたまへるを、かへすがへす聞こゆれば、例の思ひ人と笑はせたまひし、まいて、こののちの御ありさまを見奉らせたまはましかば、ことわりとおぼしめされなまし。 すれ=サ変動詞「す」の已然形、する。

枕草子(97)八月つごもり(二二七段)

😇 私がまだ宮仕えに参上していなかったころから聞き及んでいらっしゃったことなどを、「ほんとうに、そうだったのか」などとおっしゃるので、私は御几帳を隔ててよそ目に拝見していたのでさえ恥ずかしかったのに、こうして驚くほど間近にお向かいしている心地は、現実と思われない。 当時の貴族の常識として、漢詩や漢文は男性の学習するべき知識であって、女性は知らなくて当たり前でした。

9
どうしてそのようにこもってばかりいようとするのですか。 中宮様は「古歌に『雪降り積みて道もなし』と詠まれているとおり、道もございませんでしたでしょうに、どうして来られましたか」とお答えになった。

枕草子「二月つごもりころに」 現代語訳

📲 やはりあの女を捨て置くことはできない』と言うので、皆が手紙を見て騒ぎ、『これ(草の庵をたれかたづねむ)の上の句をつけて贈ろう。 このこと(=自分の出した返事の評価)を聞きたいと思うが、悪く言われているならば聞くまいと思われるが、 「 俊 とし 賢 かた の 宰 さい 相 しょう など、『 なほ 内 ない 侍 し に 奏してなさ む。

18
「かうてさぶらふ」は分解して理解するよりも「ごめんください」というお決まりの表現として覚えましょう。 これを聞け』とおっしゃったので、内心はとてもうれしくも、『そうした詩歌のほうは、一向にお相手できるほどの身ではございません』と申し上げた、すると、『批評しろとか理解しろというのではない。