『ドラゴンボール レジェンズ』孫悟空(身勝手の極意“兆”)が参戦!

💙 ユニバースミッション2弾にて再びSECとなったが、こちらは技が形態名と同じ「身勝手の極意」となっており、アニメにてジレンが悟空の仲間を攻撃した際に悟空が怒りの一撃を喰らわせた物になっている。

名無しのプレイヤー さん• エアプすぎんだろ• ブルーランクで孫悟空がブルベジよりトップで、評価はブルベジが満点(10点)で孫悟空より上とはどんなテキトー加減だ(笑)?• 悟空は身勝手の極意が解除され、体力を消耗してしまう。

『ドラゴンボール レジェンズ』孫悟空(身勝手の極意“兆”)が参戦!

☎ モロのエネルギー吸収に対抗すべく、対象を絞らせないほどの超スピードで動き回り、攻め手はを主体とするなど、相性の関係もあるが機動力を重視した描写がなされた。 1位 覚醒親子飯 2位 ケフラ 3位 ベジブル 4位 覚醒18号 5位 覚醒大魔王• カウントでの気力回復も初心者には使いやすいアビリティでしょう。

20
バトル開始時、与えるダメージが3倍になるが、ラウンド2終了後、パワーとガードが1になってしまう。 。

SP/PUR 孫悟空 評価 ドラゴンボール レジェンズ 紫

🤘 同6月14日に公式から日本版にも近日登場予定することが決定した。 シャモ星人 さん• 2020-12-10 17:09:49• 2020-12-04 08:22:14• 5.界王拳ブルーになった悟空強さ 悟空がスーパーサイヤ人ブルーの状態で界王拳を使った時は、古参のファンは大喜びではないだろうか? 久しぶりの界王拳の登場で、さらにスーパーサイヤ人ブルーをベースにした界王拳だったので、青と赤のオーラが目を引き迫力があった。 撃破後はまたしても強制的に解除され、更に短時間で何回も危機的状況にあった為、その様な状況にも慣れが生まれたとウイスは読み解き、その後の戦などでは追い込まれても発動することはなかった。

14
2020-12-03 06:02:44• どうしてクリリンが入ってないんですか? おかしいですよね?未プレイで書くのはどうかと思います。 2020-12-10 18:39:41• 悟空は、が披露した身勝手の極意と同じ原理の動きを参考に覚醒している。

「ドラゴンボール ファイターズ」,新DLCキャラクター「孫悟空(身勝手の極意)」が 5月22日に参戦。紹介PVを公開

⌚ VS 強制解除後は自らの意思で発動する方法が掴めず、ジレンとの戦いによる大幅な気の消耗もあり変身出来ずにいたが、との戦闘中、前述の元気玉にも匹敵する彼女の気と負けたら後がない危機的状況に刺激され、また一つ殻を破り再度発動した。 これにはも驚きを隠せなかった。

2
スーパーサイヤ人ブルーとは格の違う強さを発揮し、ブルー界王拳でも手も足も出なかったジレンを圧倒した。 しかし所詮は未完成の段階に過ぎないため銀髪の完成形には遠く及ばず、体力の消耗が激しいというも改めて解説された。

【ドラゴンボールレジェンズ】孫悟空

🙃 最終的に主人公と悟空の戦いは引き分けに終わった。

8
ベジットブルー2位は笑ってしまった• イベント入手型(ある程度やれば誰でも作れる)の方も存在し、URまで覚醒させれば覚醒前のフェス限定の身勝手の技レベルを確定で上げられる育成素材にすることが可能。

ドラゴンボールレジェンズ

🤪 場に出る度に打撃攻撃がアップするのも万能で使いやすく15カウントで与ダメアップ、30カウントで気力回復速度アップ、40でさらに与ダメアップと強くなる。 5センチ)が用意される。 必殺技は銀龍の一閃。

11
ほんまのランキング誰か教えて10位位まで笑笑• ジレンも2体でました。

「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」6周年記念の一番くじ登場! 孫悟空(身勝手の極意)などフィギュア化

🤐 この状態で放つパンチによって生じる衝撃波は地球全体の雲にも影響を及ぼしてしまうほど。 悟空が遂に身勝手の極意の力を極め完成させた姿。

19
2020-12-18 01:09:51• 2020-07-20 20:32:26• 2020-12-08 20:59:28• だがそこにの放った衝撃波が舞い込み、それに悟空は救われ、自爆から命辛辛生き延びたも加わり、3人はジレンに最後の戦いを挑む。

『ドラゴンボール レジェンズ』孫悟空(身勝手の極意“兆”)が参戦!

👌 この戦いでは攻撃面が発動できていなかった為、自らの意思で選んだをチャージしながら無意識に接近し、ゼロ距離で放つという発動できている防御面を活かした手法で勝利をつかみ取った。 2020-12-19 22:56:55• 射撃タイプで耐久も火力も高い。 GRNとタグ「再生」に強い。

また行動後の隙が極端に少なくなり、相手の攻撃を避ける行動一つとっても身を捻って避ける動作がそのまま回転蹴りへの動作に繋げられるほどに最適化される 強力な能力故、エネルギー消費や身体への負担は非常に激しく長時間維持することは至難の業であり、あらゆる動作を身体が勝手に行ってしまう都合上、相手の実力やその攻撃の激しさによってはかえって負担が増してしまう可能性も存在する。