『グッとラック!』テコ入れも打ち切り? 理由は低視聴率だけじゃない、志らく事務所との関係とは

💢. 4月1日放送回で「リモートコスプレ大会」を特集した。 元TBSでフリーの小林麻耶アナウンサーの降板騒動で物議を醸した情報番組『グッとラック!』(TBS系 平日午前8時)が、 来年3月末をもって打ち切り終了となることを1日発売の週刊誌『フラッシュ』が報じています。

番組開始からほぼ1年経過したが、同番組は朝の情報番組戦争でいまひとつ伸び悩んでいた。

『グッとラック!』一人負け低視聴率でもTBSが打ち切れない理由

✌ 同じ枠では1996年9月から2014年3月まで放送されていた『はなまるマーケット』が他局の情報番組と違う路線で固定ファンをつかんだが、同番組の終了以後、何をやっても数字が取れなかった。 『スッキリ』(日本テレビ系)や『とくダネ!』(フジテレビ系)の半分程度です。

10
いずれにせよ、当初の予定から大幅に逸脱した早期の終了だったことは間違いありません」(同) ワイドショーではなく、生活情報に特化した番組になる予定だと言われている後番組。 。

グッとラック!打ち切り終了決定報道、来年3月で終わる理由は…小林麻耶アナ降板騒動勃発、立川志らくの司会起用も失敗

😙 事務所からの圧力が弱まったこともあり、ようやく打ち切ることができるようだ」 芸能記者 打ち切りにあたり、志らくを同局がどう扱うのかが気になるところだ。 もう1人は主婦層からの高感度が高い女性芸能人を選定中という。

17
「久保田アナは、TBSの早朝のニュース番組『おはよう!グッデイ』や、『グッとラック!』と同枠の『はなまるマーケット』に出演していた経験もあり、新MCとしては申し分ない存在です。 しかし、彼は立川志らくを降ろした後に、自身がMCに昇格して続投することには首を縦に振らなかったといいます」 確かにやりにくいかもしれない。

『グッとラック!』関西では高視聴率で打ち切り回避?『羽鳥慎一モーニングショー』は苦戦

☘ 01 06:00FLASH編集部 スピリチュアルの世界には、「引き寄せ」という、一大ジャンルがある。

9
そんな中、週刊誌「フラッシュ」(光文社/12月15日号)が来年3月末での打ち切りを報じた。

TBS『グッとラック!』打ち切り!立川志らく、田村淳、ひろゆき、橋下徹、フワちゃんを出したのになぜ…

😅 今年4月には出演した女性が、番組の取材手法に抗議したこともあった。

「ごめんなさい! 何も答えられないんです。

(理由)「グッとラック!」が終了!! 國光吟 と小林麻耶の呪い?

👀 朝の情報番組は主婦層が多いので、フワちゃんスタイルを貫くなら、反発を招くこと必至でしょう」(芸能ジャーナリスト) フワちゃんに対して、視聴者からどんなジャッジが下されるだろうか。

12
筧美和子さんが妊娠しているという事が話題になっていますが、実は筧美和子さんて結婚していたのでしょうか? 結. にもかかわらず、番組が終了するのは異例中の異例です」 ならば、なぜ「グッとラック!」は終わるのだろう。

TBS『グッとラック!』打ち切り!立川志らく、田村淳、ひろゆき、橋下徹、フワちゃんを出したのになぜ…

😩 初めから数字が取れないであろう立川志らくさんを司会に起用し、さらに『ひるおび!』のコメンテーターも継続させているのは、『グッとラック!』があくまでも繋ぎの番組だとTBSは考え、このまま低視聴率が続けば早期打ち切りも視野に入れているからなのでしょうかね。 。 「『グッとラック!』は視聴率の低迷で終了した国分太一MCの『ビビット』の後を受けて昨年9月にスタート。

11
『いっぷく!』(2014年〜2015年)、『ビビット』(2015年〜2019年)、いずれも視聴率をとれず短命で放送を終えている。 スポンサーリンク 「グッとラック!」3月末で番組終了の理由は視聴率低迷? 小林麻耶さんの一件が無くても、「グッとラック!」は、ここ数年視聴率低迷に悩んでいました。

『グッとラック!』関西では高視聴率で打ち切り回避?『羽鳥慎一モーニングショー』は苦戦

☭ 「数字が取れないため、現場スタッフのモチベーションはどんどん低下。 番組が終了するのも、契約満期のタイミングになります。 「はなまる」は1996年にTBSがオウムビデオ事件の責任を取る形でワイドショーを廃止したことで誕生した。

2
弱り切った番組に、トドメが刺されることになった形だ。

『グッとラック!』関西では高視聴率で打ち切り回避?『羽鳥慎一モーニングショー』は苦戦

😍 小林アナは元TBS社員であり、いわば内部告発のような形となった。 「すでに、女性タレントを中心にキャスティングが進んでいるとのことです。 サンプルが多いことで精度が上がることも見込まれていますが、たとえば『グッとラック!』の11月23日の数字が跳ね上がっているのは、祝日ということに加えて、元大阪府知事の橋下徹氏がコメンテーターを務める月曜だったからではないでしょうか。

1
局内は、すでに新番組に向けて動きだしているという。 この秋のリニューアルも大失敗。