ユーロスペース

✔ 「仙人」と呼ばれた画家・モリ94歳。

5
キャプションに「45年、この家から動きません。

山崎努が「画壇の仙人」熊谷守一役 沖田修一監督の新作『モリのいる場所』

🌏 惚けたような、放心したような顔がある。 コント番組『LIFE! 「二ホン」と名がついていますが、日本固有種ではありません。

10
同席の人たちやその状況とは全く関わらない、まさに仮面。 モリの手書きの表札は、絵と同様お金になると思われていました。

晩年、家から一歩も出ずに庭の生きるものたちを描いた画家・熊谷守一の映画「モリのいる場所。」

♥ ある時は寝転がって蟻の歩き方を観察し、新しい葉っぱに声をかけ、覚えのない石に思いを馳せ、ある時は30年掘り続けた池のめだかを見に行くのに迷子になる始末。 それが自分の仕事だと思っている。 僕も出不精のほうなので共感の笑いだったかもしれない。

13
そして妻の秀子と二人で暮らす家には、毎日のように来客がある。

モリのいる場所

😭 工事現場の音です。

4
僕は、天命のようにある日突然、役を与えられるのを待つ。 映画『モリのいる場所』が2018年に全国公開される。

モリのいる場所

🤗 音楽:• ともに人生の荒波を乗り越え、ちょっと変わった夫との暮らしを楽しんでいる(?)笑顔がチャーミングな妻・秀子76歳。 彼女が 熊谷夫妻と俗世間をつなぐキーパーソンです。 信州からはるばる来たことを告げると、モリは何故か書くと言い出します。

14
ヘタで良い。

晩年、家から一歩も出ずに庭の生きるものたちを描いた画家・熊谷守一の映画「モリのいる場所。」

✇ C 2018「モリのいる場所」製作委員会 モリの人柄に惚れ、写真を撮り続けている男・藤田(加瀬亮)がアシスタントの鹿島(吉村界人)を連れてやってきました。 解説 山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。 「蟻は左の二番目の足から歩き出す」のだそうだ。

13
東北でも、九州、沖縄でもない東京近郊の庭。 30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷守一=モリのエピソードをベースに、晩年のある1日を、「モヒカン故郷に帰る」「横道世之介」の沖田修一監督がフィクションとしてユーモラスに描いていく。

二ホンヤモリの生息場所と冬眠場所は?

📱 あれはハワイでもアラスカでも成立しない。

風土が人と物語を作る、それがテーマなのだろう。